私の経験した不動産売却と賃貸について

マンション売却チラシの信用性

私の自宅マンションの郵便受けに私の自宅マンションを売却しませんか、というチラシが良く入ってきます。
たくさんの不動産会社から入ってきますが、大抵は私の自宅マンションを購入したいと考えている人がおり、その人の予算はこのくらいで、至急購入を希望しているで売却を考えている住民はすぐにでもこのチラシの会社に連絡してほしいというような文面です。

同じようなパターンのチラシがおおく、チラシのマンション名が変えられるようになっているようなので、どの迄信用していいものかよくわからないというのが事実でありますが、かなり好条件が提示されているのも事実でちょっと心が動いてしまうことも確かです。

自宅マンションはすでに築30年となっているために、もしいい条件で売却するなら時間はそれほどないものと思われるからです。
これ以上築年数が進んでしまうと到底いい条件で売却できる感じはしないからです。
さてどうしたものでしょうか、ちょっと迷います。

不動産の売却には注意が必要です。

まずは自分の所有している不動産がどのくらいの価値が有るのかを知る必要があります。
何故かと言うと人間誰もが「安く購入し、高く売りたい」のです。
不動産も同じです。なので業者に自分の所有している不動産の相場や価値を聞いたところで正直な答えは返って来ません。
むしろ、それを鵜呑みにすると数百万単位で損をしてしまうかもしれません。
そうなってしまうと、かなり勿体無いです。
ではどうすればいいのか?
それは複数の業者に査定を依頼する事です。
1社だけではわからなかった相場も、複数の業者の依頼すれば大体の相場金額が見えてくるはずです。
その中で一番金額の納得のいく業者のお願いしたり、業者が決まっているのであれば査定で見えてきた相場の金額を提示する事で業者は下手な金額を提示する事ができません。
そういった意味でも所有している不動産の相場を知るということはとても大切なのです。

最後に聞いた話ですが、相場よりも大きく高い金額を提示してきた業者には要注意です。
その金額どおりに高く売れれば問題ないのですが、一部の業者は高い金額を提示して客を呼び込み、なかなか買手が見つからない、土地の相場が落ちた~なんとか上手いこと理由づけて結局かなりの安値、相場以下になってしまったなんて話もあります。

不動産の売却は大きなお金が動きます。
なるべく損をしない為にもいい業者を見極めるということも重要なのです。
>>>不動産査定

250万円で購入したマンション1室を売却しました。
私は250万円でマンションの1室を購入した方と話して、それを100万円で売ってもらえるという条件を提示していました。

これだけ安くできるのは理由があって、じつは天井から雨漏りがあるからです。
どのようにして修繕するのかはリフォーム業者でないとわかりませんし、かかる費用もわかりません。
もしも、修繕費で200万円かかってしまったら、合計300万円になってしまいます。
売る側のメリットはどれだけかかるかわからない修繕も譲渡してしまえることにあると思います。

それに今回の売却のほか、賃貸で長い間1ヶ月3~5万円程度で貸し出ししていたため、元がとれているそうです。
というふうに、不動産投資に関しては、長期間になりますが、借り手がいれば十分利益を得られるものと思います。

いつも需要があるのが不動産ですし、最終的に所有権まで売ることでトータルで利益が出やすい分野のようです。
しかし、もし借り手や購入者がいなければ、マンション管理組合に支払う管理費がかかってくるなどしてマイナスになります。

家選びで大切なこと。

家選び、部屋選びで大事なのは、まず「これだけは譲れない!」というチェックポイントをリストアップすることです。
たとえば、「駅から近い」「南向きじゃないとイヤ」「スーパー、コンビニが近くないとダメ」「絶対二階以上の部屋がいい」・・・など、ポイントはそれぞれ違います。

駅から近いほうがいいのはみなさん当てはまりそうですが、たとえば部屋の向きに関して言えば、一日中家にいる人は、過ごしやすい南向きの部屋がいいでしょう。
でも一日仕事で家を留守にする人は、あまり部屋の向きは関係なさそうですね。
ゆっくりめの出勤が多い方は西向きのお部屋だと起きた時に太陽がちょうどいいかもしれません。
防犯面を気にする方はオートロックのお部屋、比較的安心なイメージのある上層部の部屋の方がいいかもしれません。

このように人それぞれ違った優先ポイントがありますので、先入観を持たずに客観的に、物件を探してみてはいかがでしょうか?
今はネットがあるので、物件探しにとても役に立ちます。
町の不動産屋さんにすぐ相談するのもいいですが、事前に自分でネット検索してみる方がいいでしょう。

賃貸の仲介手数料について

お部屋探しをする際に駅前などにある不動産会社で部屋を探すと思います。
ここで良い部屋が見つかり契約すると部屋の保証金や家賃などとは別に仲介手数料を不動産会社へ支払うことになるのが一般的です。

仲介手数料は家賃の1ヶ月分など数万円になる為、安いものではないので少しでも安くしたいと思います。
ここで知っておくと良いのは不動産会社で紹介している部屋のチラシには「仲介」や「自社」などの形態が書かれているということです。

「仲介」とはその部屋には家主がいて、部屋を借りてくれる人を探してほしいと不動産会社へ依頼しているものになります。
「自社」とは不動産会社が所有しているマンションなどの部屋になります。
そして、仲介手数料は「自社」の部屋ではとってはいけないルールになっています。

その為、チラシを見て部屋探しをする際、「自社」と書かれている部屋を見つけた場合、仲介手数料を払う必要はありませんので知っておくと無駄なお金を払わずにすみます。
また、不動産会社は仲介手数料を「部屋を借りる人」と「家主」のどちらからもらってもよいルールになっています。
一般的に部屋を借りる時に仲介手数料を取られますが、「家主」からとってもよいということを知っていれば、仲介手数料の半分を家主持ちにしてもらうなどの値引き交渉に使えますので知ってるとよいと思います。

賃貸選びのポイント

実家と、結婚後の家庭どちらも転勤族のため、何度も引越しを経験してきました。
慣れた土地を離れるのは寂しいことですが、色々な家に住めるのはちょっぴりお得な気分です。
そしてこれまでの経験から、ファミリー向けの賃貸探しのポイントがわかるようになってきました。

立地・家賃・広さなど、どうしても譲れない条件は皆さんあると思います。
まずはそこからある程度絞りましょう。

最近は、築年数が多少古くても、部屋がキレイに改装されている場合が多いので、あまり気にする必要はありません。
防犯上、オートロックは必須ですが、宅配ロッカーや平置きの駐車場については家賃と相談してください。
我が家はネット通販をよく利用しているので、宅配ロッカーは重宝しています。
駐車場は立体式なのですが、週末ともなると狭いスペースで何台も出入りし、車で出掛けること自体がストレスになります。
都心だと難しいとは思いますが、できれば地下駐車場や平置きがおすすめです。

ちなみに、今回の家は運よく分譲賃貸に住むことが出来ました。
賃貸とは断然しっかりとした造りのため、防音性が高く、周囲の生活音が全く気になりません。
ちょうど良く空きがあるとは限りませんが、引越しを考えている場合、まずは不動産屋さんに分譲賃貸から探してもらうのもいいかもしれませんね。
多少、立地や広さで条件が合わなくても、快適な暮らしを送れます。

キッチンは大切

初めての一人暮らしの場合、「どうせ自炊はあまりしないから」と、キッチンを疎かにしがちです。しかし、自炊しないからと言って、全く使わない訳ではありません。
一口コンロと小さなシンクだけのキッチンでは、食器を洗うことさえ困難です。

まず、食器をどこに置くのかを考えなければいけません。洗った食器はどこで水を切るのか、どこに片付けるのか、事前にイメージしておく必要があります。
また、まな板を置けるスペースがあるのかも重要です。コンロがあればお湯を沸かしたりくらいはできます。
しかし、スペースがなければお湯を注ぐカップ麺を置くことも、コーヒーを淹れるためのカップを置いておくこともできません。

実際にまな板の上で食材を切る予定はなくても、それくらいのスペースがあるとないとでは使い勝手が全く異なります。
さらに、冷蔵庫を置く場所にも注意が必要です。キッチンから遠いと不便ですし、1Rで冷蔵庫の置き場がない場合、それだけ寝室が狭くなってしまいます。
1Kでキッチンと寝室の間にドアがあり、しかもキッチンに冷蔵庫が置けない場合も、炊事の度に何度も往復するはめになります。

「料理はどうせできないから」とキッチンを妥協しても良いことはありません。家具の配置をイメージするように、キッチンで最低限できることを考えることも必要です。

お世話になった不動産

若い時、実家を出て賃貸の家を借りようと思い、はじめは携帯のアプリなどで賃貸物件を自分で探しました。
ある程度候補の賃貸が見つかり、家の近くの不動産へ行きました。
そんなに大きい不動産屋ではなく大手なわけでもありませんでしたが、携帯の口コミが良かったのでそこの不動産に行くことにしました。

担当者は若い男性の方で、自分で見つけた賃貸物件の情報と探している家の条件を伝えるとエリアなどを絞り、携帯で見つけた物件の他にも良い物件がないか調べてくださいました。
良さそうな物件の中から実際に見てみたい物件を2~3個選び、連れていってもらえることになりました。
不動産屋の方が車をだしてくださり、見に行くことができました。
その中に気に入った物件がなく、また他の物件を探してもらい、後日改めて見に行かせてもらいました。
今度は気に入った物件を見つけることができ、その物件の契約をお願いしました。

契約が完了するまでの間もとても丁寧な対応をしてくださり、担当してくださった不動産屋さんにはとても感謝しています。

不動産賃貸の業界は今や!一括でお部屋探しを検索!うれしいスピード紹介!

不動産まわりで賃貸のお部屋探し。
30年前~従来はお部屋探しも地元の不動産店など、10-20件をまわり巡りクタクタになりお部屋探しをしたものです。
しかし近年では、1箇所の賃貸お部屋探し店へ行くと希望のお部屋をスタッフが検索してくれてお部屋紹介をしてくれるようになりました。

まず家賃から間取り、地区エリア(大家さん同居住)環境かどうか?等まで詳しく調べてもらえます。
今大手でも認知度が高い紹介専門店には、エイブルとミニミニハウスも有名です。マンションの壁にも看板が見られます。
この賃貸の紹介店では、他店の物件アットホームなども紹介してくれるのでお部屋探しも、楽になりました。

最近、問題とされる、いわく付き物件も規制があり事故物件は賃貸物件の書類に、ユーザーがご覧に拝見された時も記載が分かるように詳細情報をしっかり載せるなどが義務になりました。
ユーザーの立場でも安心してお部屋さがしが出きるようになり効率よく探せるようになり不動産、お部屋探しも敷居が低くなり気軽に利用できるようになってきました。

定年後に田舎に住むとストレスがたまることも

定年後に田舎に住もうと思っている方は、注意が必要です。
最初は借家でお試しくらいがいいです。
都心と比べて空気がよくて食べ物もおいしいですが、車が必要だし便利が悪い面もあります。
病院やスーパーも近くにないと生活がやりにくいです。

人間関係も深い場合はそれでいい人と、ストレスを感じる人もいます。
おしゃれなカフェやファッションのお店もないと寂しかったり、習い事もかなり限られて、思うように趣味が楽しめません。

定年後は旦那様は田舎暮らしを希望している方が多いですが、奥様は便利がいいところに住みたい方が多いようですね。光熱費も寒い地方だかかるのを調べておきましょう。
テレビで山梨で在宅勤務をしている方を見ました。
空気がいいところで仕事ができるので離れられないといわれていました。
自然が豊かな場所でしたね。アウトドアが好きな人も魅力があります。
子供の学校の関係で悩まなくなった方もいるかもしれませんが、子供と離れすぎるのも寂しいですね。